市販の育毛剤はお守り代わりに過ぎない?

ここ最近になって、急に主人の髪の毛の量が減ってきました。本人は「これ以上減ったら坊主にするか!」と明るく振る舞っているようですが、やはり気にしているようで、お風呂でシャンプー時に自己流のマッサージをしていたり、朝のセットに時間を掛けていました。

主人の自己流のマッサージを見ていると、ただ地肌を擦っているだけのようで、効果が感じられるようには見えなかったので、ある日、薬局で市販の育毛剤を購入し、こっそり洗面台に置いておきました。「おぉ!ありがとう!」と毎日使ってくれてはいるのですが・・・。

薄毛の人にストレスを与えてはいけない!と思い、「なんだか髪の毛元気になってきたね!」とか「ふっくらしてきたね!」など、気休めに声掛けはしているのですが、正直、他人から見て、毛量が増えたようには感じられません。薬局では、薬剤師さんに「一番、売れているもの、一番効果がある商品」を尋ねて、お勧めして頂いたものを購入したのですが。

「まだまだ使い始めたばかりで、効果が出るにはもう少しかかるよ~」と慰めること、数か月。いい加減、フォローも厳しくなってきたところです。先が見えない市販の育毛剤での薄毛対策。「今やめたら、もっと髪の毛が減ってしまうかも?!」と不安になるため、やめることもできません。あくまで、「薄毛対策をしている」という自己満足のための、お守りにすぎないのかもしれません。